2024年3月2日 ブルーチーズフェスティバル 詳細はクリック 企画者・テーマ募集中!

【#ライトノベル感想】詠井 晴佳先生『いつか憧れたキャラクターは現在使われておりません。』そして2人は昔作った”キャラクター”と向き合う(ガガガ文庫2023年7月新刊/第17回小学館ライトノベル大賞 優秀賞)

いつか憧れたキャラクターは現在使われておりません。
  • URLをコピーしました!

ガガガ文庫今日の0時から配信されたんですが、期待通り面白いですね。この『いつか憧れたキャラクターは現在使われておりません。』ってタイトルの時点でこれ自分好きそうな話だって感じでしたし、読んでみても期待通りの面白い作品でした。

読了感も非常に良くて本当に面白かったです。とても満足

目次

『いつか憧れたキャラクターは現在使われておりません。』感想

昔作ったキャラクターが実際に自分の目の前に現れて、それがきっかけでかつて一緒にキャラクターを作り出した芸能界という別の世界にいっていた明澄と再会するという分かりやすいプロットでテーマも分かりやすく伝わってきて、このSF感と青春ものが混ざり合った感じがとても好物なので本当に楽しく読ませてもらいました。

『いつか憧れたキャラクターは現在使われておりません。』あらすじ

いくつキャラをこえれば、私は私になれる?
19歳の成央の前に現れたのは、15歳の時に明澄俐乃のために作ったVRキャラ≪響來≫(ゆら)だった。響來の願いで再会する成央と俐乃。芸能人となった19歳の俐乃は輝きながらも、居場所を求め一人走り続けていた。その姿を見て、成央は15歳に置き去りにした感情を思い出す。保健室で見た「はじめて」。二人だけの甘い時間。そして、叶えられなかった約束。鮮明によみがえる憧れと葛藤の欠片たちが成央に突き刺さる。現実と理想に向き合う中、二人はやがて響來が現れた意味を知り――さまよえるキャラクターと葛藤が紡ぐ青春ファンタジー。

ガガガ文庫公式ページより引用

響來がある意味で本当に置き忘れてきたものの象徴として書かれている感じが何か少し忘れていた感情を思い出させてくれているようで最高でした

いくつキャラをこえれば、私は私になれる? 19歳の成央の前に現れたのは、15歳の時に明澄俐乃のために作ったVRキャラ≪響來≫(ゆら)だった。響來の願いで再会する成央と俐乃。芸能人となった19歳の俐乃は輝きながらも、居場所を求め一人走り続けていた。その姿を見て、成央は15歳に置き去りにした感情を思い出す。保健室で見た「はじめて」。二人だけの甘い時間。そして、叶えられなかった約束。鮮明によみがえる憧れと葛藤の欠片たちが成央に突き刺さる。現実と理想に向き合う中、二人はやがて響來が現れた意味を知り――さまよえるキャラクターと葛藤が紡ぐ青春ファンタジー。

『いつか憧れたキャラクターは現在使われておりません。』書籍情報

著者詠井晴佳先生
イラストレーター萩森じあ先生
レーベルガガガ文庫
『いつか憧れたキャラクターは現在使われておりません。』書籍情報

著者:詠井晴佳(よみい・はるか)先生

詠井晴佳Twitter)先生はこの作品の改題前の作品である『おやすみ、あの日の変われない花』で優秀賞を受賞され今作でデビューされました。

すごい雰囲気に引き込まれたので今後の作品にも期待したいです。

イラストレーター:萩森じあ(はぎもり・-)先生

萩森じあ先生は人間六度先生がメディアワークス文庫で書いている『永遠のあなたと、死ぬ私の10の掟』や丸井とまと先生がスターツ文庫より『さよなら、灰色の世界』などでイラストを描かれています。

何か淡くて幻想的な雰囲気がいいですね...

『いつか憧れたキャラクターは現在使われておりません。』ネタバレがあるかもしれない感想

作ったキャラクターが現れるっていうファンタジー展開ってなんかそれだけで盛り上がりますよね

こういうのがきっかけで自分の過去に向き合った行くみたいな作品が本当に好みで、その好みの部分が期待通りに満たされた上にさらに創造していた部分のさらに上をいくようなエンディングに良質なストーリーを味合わせても得たなという感じでした。

リノリウム...少しわかんなくて調べちゃったのは内緒

いつか憧れたキャラクターは現在使われておりません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次