2024年3月2日 ブルーチーズフェスティバル 詳細はクリック 企画者・テーマ募集中!

【#ライトノベル感想】すかいふぁーむ先生『都合のいい地雷系彼女とカラダだけの関係を』ネット上で出会った友達は地雷系の見た目をしていて… 本名も知らない関係から始まる関係の向かう先は…

都合のいい地雷系彼女と カラダだけの関係を
  • URLをコピーしました!

いつの間にやら月末になってしまいました。2023年8月28日の月曜日まで『このライトノベルがすごい』の協力者もされているのでライトノベルをいっぱい読んでいる方はせっかくなら応募してみてはいかがでしょうか?自分も3年目も参加させていただければ嬉しいなと思います。

月末なので今月もいろいろライトノベルが発売されるのでとても楽しみです。24時になったときに本を読めるっていうこの感じが本当にいいですよね…

目次

『都合のいい地雷系彼女とカラダだけの関係を』感想

ネット上で出会った友達や従妹、そしていきつけのコンビニで働いている後輩と出会った人たちがことごとく地雷系っていう、いろんなタイプの地雷系と囲まれるラブコメで結構最初のシーンから飛ばしてきているので勢い良く読めました。

ネット上の友達が実はみたいなノリ…結構そこから始まるストーリーいろいろありますが本当に好きなノリでそういう意味でも最初から引き込まれました

『都合のいい地雷系彼女とカラダだけの関係を』あらすじ

登場ヒロイン、全員地雷系!? 都合のいいラブコメ!

「その気になったら襲ってくれていいからね?」

ネトゲで知り合い、初対面なのに下着姿で一緒にゲームをした、見た目地雷系の美少女・リヨン。
その日から、家で遊びたいとき、デートしたいとき、深夜、急にラーメンが食べたくなったとき、呼べばいつでもリヨンと会える。
だけどお互い本名も知らない。付き合ってもいない。そんな都合のいい関係がなぜか心地よくて。
リヨン以外にも地雷系の従妹や、後輩も――。
「あー。お兄なら安心して甘えられるんだけどなぁ」
「自分、別に二番目でも三番目でも、都合のいい女でいいんで」
俺との都合のいい関係を求めてきて――。

ファンタジア文庫公式ページより引用
登場ヒロイン、全員地雷系!? 都合のいいラブコメ! 「その気になったら襲ってくれていいからね?」 ネトゲで知り合い、初対面なのに下着姿で一緒にゲームをした、見た目地雷系の美少女・リヨン。 その日から、家で遊びたいとき、デートしたいとき、深夜、急にラーメンが食べたくなったとき、呼べばいつでもリヨンと会える。 だけどお互い本名も知らない。付き合ってもいない。そんな都合のいい関係がなぜか心地よくて。 リヨン以外にも地雷系の従妹や、後輩も――。 「あー。お兄なら安心して甘えられるんだけどなぁ」 「自分、別に二番目でも三番目でも、都合のいい女でいいんで」 俺との都合のいい関係を求めてきて――。

『都合のいい地雷系彼女とカラダだけの関係を』書籍情報

著者すかいふぁーむ先生
イラストレーターみれあ先生
レーベルファンタジア文庫
『都合のいい地雷系彼女とカラダだけの関係を』書籍情報

著者:すかいふぁーむ先生

すかいふぁーむ先生は同じくファンタジア文庫から発売されている『幼馴染の妹の家庭教師をはじめたら 疎遠だった幼馴染が怖い 』、GCノベルスより出ている『脱法テイマーの成り上がり冒険譚 ~Sランク美少女冒険者が俺の獣魔になっテイマす~ 』やダッシュエックス文庫で史上最強の宮廷テイマー ~自分を追い出して崩壊する王国を尻目に、辺境を開拓して使い魔たちの究極の楽園を作る~などかかれています。

いろいろな系統の作品書かれている方ですごい面白い作品書かれる先生っていうイメージでとても好きです。

イラストレーター:みれあ先生

みれあ先生は音無砂月先生がPASH!ブックスで書いている元暗殺者、転生して貴族の令嬢になりました。、雨井呼音先生がMF文庫で書いている『お姉ちゃんといっしょに異世界を支配して幸せな家庭を築きましょ?』、池田明季哉先生が電撃文庫で書かれている『オーバーライト』などでイラストを描かれています。

なんか、すごいかっこいいイラストって感じがしていいです。

『都合のいい地雷系彼女とカラダだけの関係を』ネタバレがあるかもしれない感想

割と初期のほうからわかりますが、リヨンの正体も含めてなんとなくニヤニヤしちゃいますね。もう、これぞ王道っていう展開とラブコメとしての面白さ、そして地雷系のヒロインの魅力かはわからないけどヒロインの魅力がすごい伝わってきました。面白かったです。

(先生、ちょっと変わったペットカフェやるんですか?すご…)

都合のいい地雷系彼女と カラダだけの関係を

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次