ラブラノSpring 結果発表7/28頃を予定していますここから

【#ライトノベル感想】九曜先生『孤独な深窓の令嬢はギャルの夢を見るか』コンビニでの彼女の顔は普段の別の一面を見せて、関係は少しづつ深まっていく(電撃文庫2024年5月刊)(#ギャル夢)

  • URLをコピーしました!

今日の日付を変わるときにラブラノSpringの投票を開始いたします。2024年4月から6月まで出た作品の面白い作品をみんなで紹介しようという企画です。

ファンメイドの企画なので荒い所もあるとは思いますが、是非拡散しながら盛り上げてくれればとてもうれしいと思います。

今日紹介する作品は九曜先生の『孤独な深窓の令嬢はギャルの夢を見るか』です。九曜先生の作品が2年5か月ぶりというのが結構以外でびっくりしました。どの作品もとても好きな作品だったので発売されたらすぐ読みました。とても面白かったです。

目次

『孤独な深窓の令嬢はギャルの夢を見るか』感想

題材としては割と王道のクラスメイトの裏側を俺だけは知っている系でタイトルも裏切っていないしその方面でもすごくたのしめますが、ある意味でお互いに気持ちいいほどすんなりと(最初の最初だけはさすがに違いますが)受け入れるので気持ちよく入っていけるし、このゆったりした感じを受けながらもちゃんと進んでいく感じがまさしくこれこそ九曜先生って感じで期待を超えてとても面白かったです。

良い意味での優しい感じがするラブコメみたいな作品が好きな人にはすごいはまると思います。(かなりノンストレスないめーぎが強いので)

『孤独な深窓の令嬢はギャルの夢を見るか』あらすじ

「ここでなら、なりたい自分でいられる気がするから――」

とある「事件」からクラスで浮いていた赤沢公親は、ある夜、深窓の令嬢然としたクラスメイト、野添瑞希とコンビニで遭遇する。
ばっちりキメたギャル姿の彼女と。
学校でのイメージと大きく異なる瑞希。周りから求められる“清楚な自分”ではないことを気にする瑞希だったが、「好きな服を着ることは正しい」と公親が肯定したことからふたりの奇妙な関係がはじまる。たまにコンビニで瑞希と過ごす穏やかなひと時。そんな誰にも言えないふたりきりの秘密の時間が心地よく――。
普通でありたい公親とギャルになりたい瑞希の、穏やかな恋の物語が幕を開ける。

電撃文庫公式ページより引用

やりたいことの肯定からの2人の関係がいろいろと優しくてすごく良かった

セレナもすごく良いキャラ

「ここでなら、なりたい自分でいられる気がするから――」 とある「事件」からクラスで浮いていた赤沢公親は、ある夜、深窓の令嬢然としたクラスメイト、野添瑞希とコンビニで遭遇する。 ばっちりキメたギャル姿の彼女と。 学校でのイメージと大きく異なる瑞希。周りから求められる“清楚な自分”ではないことを気にする瑞希だったが、「好きな服を着ることは正しい」と公親が肯定したことからふたりの奇妙な関係がはじまる。たまにコンビニで瑞希と過ごす穏やかなひと時。そんな誰にも言えないふたりきりの秘密の時間が心地よく――。 普通でありたい公親とギャルになりたい瑞希の、穏やかな恋の物語が幕を開ける。

『孤独な深窓の令嬢はギャルの夢を見るか』作品概要

著者九曜先生
イラストレーター椎名くろ先生
レーベル電撃文庫
『孤独な深窓の令嬢はギャルの夢を見るか』書籍情報

著者:九曜先生

九曜先生はファミ通文庫で書かれている『放課後の図書室でお淑やかな彼女の譲れないラブコメ』や佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 、そしてGA文庫の『週4で部屋に遊びにくる小悪魔ガールはくびったけ! 』のような優しいイメージの静のイメージがあるラブコメがすごくおもしろい印象があります。

今作も久しぶりの作品ですごく楽しみにしていました。

イラストレーター:椎名くろ先生

椎名くろ先生はとしぞう先生の人気ガールズラブコメ百合の間に挟まれたわたしが、勢いで二股してしまった話や初鹿野創先生がガガガ文庫で書いているラブコメ現実でラブコメできないとだれが決めた? などでイラストを描かれています。

とても魅力的なヒロインですごく魅力があるイラストで本当に中のイラストも良かったです。

『孤独な深窓の令嬢はギャルの夢を見るか』ネタバレがあるかもしれない感想

結局、そもそも主人公である公親くんの問題自体も野添さんに関係あることだったし、本当にとても良い相方だなぁっていう感じでしたしすごい納得感も強くて面白かったです。

(今のところの)サブヒロインであるセレナもとてもいいキャラだし、ある意味でめんどくさい所も魅力もすごい引き出されていてとても面白かったです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次