【ライトノベル感想】青季ふゆ先生『美少女とぶらり旅』 旅でいろんな人の人生がみえてくる 1巻静岡が舞台のヒューマンドラマ #びじょたび感想

  • URLをコピーしました!

あとがきをみて、実現するまではこの作品は終わってはいけないと思いました ファンタジアちゃんお願いします。

旅番組の魅力って人との出会いを通じていろんな人の人生を垣間見ることができることだと思うのですが、本当に旅を通した人生ドラマっていう感じでとても良い作品だと思います。自分探しの旅という言葉がしっくりくるような、悩んだ男女二人が旅を通して成長していく姿を楽しめると思えます。静岡しっかり行くこと考えたいなぁ…

忙しない日常から逃れて旅がしたい! そんな望みを、学年一の美少女と叶えられたら?  東京に住む高校生、高橋翔は窮屈な日常に嫌気がさして旅に出ることを決意。駅のホームに着くと同級生、七瀬涼帆の姿があった。 思い詰めた様子の彼女を見て、翔は「俺と一緒に旅に出よう!」と誘って――。 最初は不信感たっぷりだった七瀬も、いつもの鉄仮面を脱いで足湯にほっこりしたり、ご当地グルメに舌鼓を打ったりと満喫し始める。 「べ、べつに楽しんでなんかないんだから!」 「私、夕陽が好きだったみたい」 「ありがとう、私を旅に連れ出してくれて」 ワケありクーデレ美少女と紡ぐ、解放感120%の旅ラブコメ!
目次

書籍情報

著者青季ふゆ先生
イラストレーターいちかわはる先生
レーベルファンタジア文庫
書籍情報

青季ふゆ先生はファンタジア文庫で昨年出た『世界一かわいい俺の幼馴染が、今日も可愛い』を書かれています。

イラストレーターのいちかわはる先生は向原三吉先生の『他人を寄せつけない無愛想な女子に説教したら、めちゃくちゃ懐かれた』(スニーカー文庫)や、機村械人先生の『君は初恋の人、の娘 』(GA文庫)などでイラストを書かれています。初恋娘はそろそろ続刊が出るようなので楽しみです。

ネタバレがあるかもしれない感想

自殺未遂をしようとしていた美少女・涼帆(りほ)と配信で稼いだお金で家を飛び出した翔(かける)という、ちょっと人生に困ってしまった2人が旅をして、出会った人から影響を受けていく姿がぐっときましたね。作者の方が同じ高知を同郷とされているとあとがきに書かれていてしかも是非この2人に高知に来てほしいと作者さんがいってたので自分からも是非ファンタジアちゃん高知編書かせてあげてくださいそこまで続けてくださいとお願いします。心の中で

ラストも結構好きです。一緒に前向きになれる感じがしました

キャラ的には奏さんがいいキャラでよかったです。いやぁ、ふっきれっぷり大好きです!瑠花ちゃんの車にはのりたくないです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる