2024年3月2日 ブルーチーズフェスティバル 詳細はクリック 企画者・テーマ募集中!

【#ライトノベルおすすめ】2023年3月のライトノベルおすすめまとめ 遥透子先生の『#推し推し』やアサクラネル先生の『わたしの百合も営業だと思った?』など 他計12作品紹介

  • URLをコピーしました!

作品をいろいろまとめているうちに自分の中でもこんな1年間のラノベライフを楽しんできたっていうのが分かってなかなか面白いですね。一応12か月分準備できているんですが、個別記事がない月とかもあるので後から徐々に追加していければいいなと思います。どの作品も非常に面白いので是非是非

目次

感想個別記事まとめ

細かい内容はそれぞれの記事に書く場合は書くので簡単な感想を書いています。あと、読み直しの際に感想がアップデートすることもあるかもしれません…ご了承ください。

遥透子先生『ネットの『推し』とリアルの『推し』が隣に引っ越してきた 1』

オーバーラップ文庫2023年3月新刊 ネットの『推し』とリアルの『推し』が隣に引っ越してきた 1
オーバーラップ文庫2023年3月新刊 ネットの『推し』とリアルの『推し』が隣に引っ越してきた 1 遥透子先生 『売れ残りの奴隷エルフを拾ったので、娘にすることにした』(電撃の新文芸) ◆ 秋乃える先生 ナナシまる先生『マッチングアプリで元恋人と再会した。』(スニーカー文庫) ときたま先生『黒聖女様に溺愛されるようになった俺も彼女を溺愛している』(HJ文庫) 引っ越してきた2人の少女はネットの推しと リアルの推し?!そこに再会した後輩少女も 加わって… 一つ屋根の下であこがれだった少女たちとの (色んな意味で)ドキドキ生活
著者遥透子先生
イラストレーター秋乃える先生
レーベルオーバーラップ
『ネットの『推し』とリアルの『推し』が隣に引っ越してきた』書籍情報

好きなVtuberやら好きな声優と同じマンションに住む生活が始まるところからの王道ラブコメの印象が強くてまさしく求めているのはこんな作品だという感じでなかなか楽しかったです。裏側を見せてくれる推したちはなかなか可愛くてよいです

鏡遊先生『僕らの春は稲妻のように』

著者鏡遊先生
イラストレーター藤真 拓哉先生
レーベルMF文庫J
『僕らの春は稲妻のように』書籍情報

白亜に出会ってから嵐のようなスピードで進んでいく二人の関係と、その裏側にある想いとかもふくめてすごい面白く読めました。1対1ラブコメはこういうノリの作品が本当に好きです

アサクラネル先生『わたしの百合も、営業だと思った?』

2023年3月電撃文庫 『わたしの百合も、 営業だと思った?』
2023年3月電撃文庫 『わたしの百合も、 営業だと思った?』 アサクラネル先生 『異世界の底辺料理人は絶頂調味料で成り上がる! 』 『彼なんかより、私のほうがいいでしょ?』 ◆ 千種みのり先生 保住圭先生『お兄ちゃんとの本気の恋なんて誰にもバレちゃダメだよね?』 白井ムク先生『じつは義妹でした。』 事務所の後輩としてやってきたのは 最も推してるアイドルだった パートナーとして先輩後輩として 感情が混じりあったその先は
著者アサクラネル先生
イラストレーター千種みのり先生
レーベル電撃文庫
『わたしの百合も、営業だと思った?』書籍情報

百合がテーマになってはいるんですが、声優もののお仕事ライトノベルとしてもなかなか面白くてよかったです。この関係の続きもどんどん見ていきたいしいわゆるガールズラブコメとしてみてもすごく面白くて本当に良い作品でした。千種先生のイラストもいろんな作品でみることできて本当に良いです

サイトウ ケンジ先生『魔女の怪談は手をつないで 星見星子が語るゴーストシステム』

著者サイトウ ケンジ先生
イラストレーターぷらこ先生
レーベルMF文庫J
『魔女の怪談は手をつないで 星見星子が語るゴーストシステム』書籍情報

怪談をベースにしたミステリー作品で、タイトルにもなっている『ゴーストシステム』を気にしながら読んでいってもなかなか楽しみながら読めることが出来ました。最初から最後まで目を離せないような良い作品でした。こういうミステリーもなかなか大好き、事前企画の朗読募集もなかなかインパクトのある募集で良かったです。作品はサイトウ先生らしさもすごい出てたなと思いました。

桜木桜先生『原作開始前に没落した悪役令嬢は偉大な魔導師を志す』

『原作開始前に没落した 悪役令嬢は偉大な魔導師を志す』
ファミ文庫2023年2月刊 『原作開始前に没落した 悪役令嬢は偉大な魔導師を志す』 桜木桜先生 『異世界建国記』(ファミ通文庫) 『お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら 同級生が来た件について』(スニーカー文庫) ◆ 閏月戈先生 鈴木大輔先生『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』(MF文庫) 七月隆文先生『俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する』(ファミ通文庫) 異世界転生で少女がその世界の運命を変える そのとき、元々悪役令嬢になるはずだった少女の家は没落し運命は大きく変わっていく…
著者桜木桜先生
イラストレーター閏月戈先生
レーベルファミ通文庫
『原作開始前に没落した悪役令嬢は偉大な魔導師を志す』書籍情報

単行本化の大幅リメイクということで厳密にいうと新刊ということではないかもしれませんが、異世界転生によって変えられてしまった側の人間がどう変わっていったのかというお話がすごい楽しかったうえにストーリーも納得感があってとても面白かったです。

冬条 一先生『高嶺の花には逆らえない 3』

著者冬条 一先生
イラストレーターここあ先生
レーベルガガガ文庫
『高嶺の花には逆らえない3』書籍情報

ちゃんと完結と宣言されたうえで完結したのが何よりもうれしいなと思いました。ヒロイン二人ともすごい魅力的だしこのタイトルもちゃんとなるほどってなってよかったと思います。何よりも2巻ラストが本当に好きだし、そこから続く完結も本当に面白かったです。

御宮ゆう先生『記憶喪失の俺には、三人カノジョがいるらしい』

記憶喪失の俺には、三人カノジョがいるらしい
MF文庫2023年3月刊 記憶喪失の俺には、三人カノジョがいるらしい 御宮 ゆう先生 『カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています』(スニーカー文庫) 『この恋は元カノの提供でお送りします。』(スニーカー文庫) ◆ たん旦先生 氷高悠先生『【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 』(ファンタジア文庫) 慶野 由志先生『陰キャだった俺の青春リベンジ 天使すぎるあの娘と歩むReライフ』(スニーカー文庫) 病室で目覚ましたら恋人が訪ねてきた それも三人連続で… 主人公と徐々に現状の確認をしていく 記憶喪失ラブコメ
著者御宮ゆう先生
イラストレーターたん旦先生
レーベルMF文庫J
『記憶喪失の俺には、三人カノジョがいるらしい』書籍情報

記憶喪失から始まる物語というのは好きなんですが、難しいテーマでもあるのでこういう風に面白くまとめてくれる作品はいいですね。記憶喪失ものの良さである、主人公と一緒に人間関係を把握していく作品なかなか良いなって思います。時間をおくとひなちゃんがスルメのように…

真代屋秀晃先生『友達の後ろで君とこっそり手を繋ぐ。誰にも言えない恋をする。3』

著者真代屋 秀晃先生
イラストレーターみすみ 先生
レーベル電撃文庫
『友達の後ろで君とこっそり手を繋ぐ。誰にも言えない恋をする。3』書籍情報

なかなか結構ハードな感じがするラブコメだけどこういう方面のラブコメはラブコメでいいなと思いました。割とむしろギスギス感のつよい面も多いのですが、こういう雰囲気の作品を途中に挟むといい感じに面白いなって思います。

みょん先生『男嫌いな美人姉妹を名前も告げずに助けたら一体どうなる?』

著者みょん先生
イラストレーターぎうにう先生
レーベルスニーカー文庫
『男嫌いな美人姉妹を名前も告げずに助けたら一体どうなる?』書籍情報

姉妹が両方とも可愛くて、その2人からいろんなアプローチをかけられる感じがすごいドキドキしてみることができました。ストーリーもいいですが、シチュエーションを楽しむ作品としてもなかなか良かったです。

あさのハジメ先生『俺にだけ冷たい友利さんに裏アカ知ってると言ったら?』

著者あさのハジメ先生
イラストレーターかがちさく先生
レーベルスニーカー文庫
『俺にだけ冷たい友利さんに裏アカ知ってると言ったら?』書籍情報

裏アカでは本音を喋れる友利梓ちゃんがなかなか可愛いかった。裏アカものだとちょっとダークな面があるような作品もおいいんですがいわゆる本音駄々洩れ系の話だったのですごい安心感をもてる作品で本当に良い作品だったなと思いました。さすがあさのハジメ先生と思いました。

疎陀陽先生『許嫁が出来たと思ったら、その許嫁が学校で有名な『悪役令嬢』だったんだけど、どうすればいい? 2』

著者疎陀陽先生
イラストみわべさくら先生
発行ダッシュエックス文庫
『許嫁が出来たと思ったら、その許嫁が学校で有名な『悪役令嬢』だったんだけど、どうすればいい? 2』書籍情報

幼馴染2人の話もなかなか面白くてよかったです。ヒロインもすごい魅力的で楽しくみれるラブコメで本当に面白いです。

日日綴郎先生『あのね、じつは、はじめてなんだ。 ゆるそうでうぶな彼女との初体験まで、あと87日』

著者日日綴郎先生
イラストレーターみすみ先生
レーベルファンタジア文庫
『あのね、じつは、はじめてなんだ。 ゆるそうでうぶな彼女との初体験まで、あと87日』書籍情報

関係を持っていくまでの流れが丁寧に描かれててなかなか面白かったです。読んでいて全体的に安心して読めるっていう感じが本当に魅力的でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次